中小企業のための商標取得の3つのポイント、お教えします!

商標を取得するのは、ちょっと待ってください!特許庁にて審査官を務め、延べ2,317件以上の知的財産に携わってきた植村貴昭氏が商標取得に欠かせない“3つのポイント”を完全無料で公開いたします。

もし、あなたがこのようなことをしていたら、商標を取得しても意味がないかもしれません……
実は、商標の出願には非常に重要な3つのポイントが存在しているからです。

商標をとっても意味がない?|WizBiz

恐らく、、、
このホームページをご覧くださっているあなたは、ライバルや他社からあなたの商標を守るため、
盗まれたりしないために商標の出願を検討されている事と思います。
ですが、実は商標出願時に“ある3つのポイント”を抑えた形で出願しなければ、
あなたの商標をライバルにそのまま使われてしまう可能性が出てしまうのです。
つまり、あなたがせっかく高いお金を支払い、商標を取得したとしても、
その商標は全くの無意味な物になってしまう可能性があるのです。

むしろ、あなたが逆にライバルや他社から訴えられてしまう可能性すらあるのです。

商標の取得において最も重要な3つのポイントとは?|WizBiz

実は、商標において最も重要なことは「取得できる」「できない」といった表面的なところにはないのです。
こうした表面的な部分ではなく、目には見えない裏側にある3つのポイントをが非常に重要なのです。
この3つのポイントを知らずに商標を取得してしまうと、ほぼ100%といって良い確率で商標を取得しても権利を守れない物となってしまいます。つまり、高い費用だけかかってしまい無駄な出費になってしまうのです。
逆に、この3つのポイントさえしっかりと抑え取得することができれば……

この3つのポイントを徹底的に考慮して商標を取得できれば、次のような成果が出てしまいます。|WizBiz

この3つのポイントを徹底的に考慮して商標を取得できれば、次のような成果が出てしまいます。|WizBiz

まずは1時間の無料コンサルティングで、この3つのポイントをお伝えしています。|WizBiz

今、本気で商標の取得を検討されている方や、現在商標権についての問題で悩まれている方へ、
植村氏が特許庁で審査官として培ってきた経験や延べ2317件以上の知的財産権の取得に関わり培ってきたノウハウを無料でお伝えさせていただきます。
『商標取得で必要不可欠な3つのポイント』を知りたい方は、まずは、1時間の無料コンサルティングへお申し込みください。1時間で全てあなたにお伝えさせていただきます。

ただし、全員の方が無料コンサルティングを受けられるわけではありません。|WizBiz

次の項目に該当される方は、大変恐縮ですが無料コンサルティングはお断りさせていただいております。

このような方は、お断りさせていただいておりますので、予めご了承ください。


逆に、これ以外の方、しっかりとした商標取得を本気で望まれる方には、私たちも全力でご協力させていただきますので、是非、1時間の無料コンサルティングへお申し込みください。

今すぐ無料無料コンサルティングに申し込む|WizBiz

ただし、全員の方が無料コンサルティングを受けられるわけではありません。|WizBiz

今すぐ無料無料コンサルティングに申し込む|WizBiz

私が無料コンサルティングをお引き受けします!(元特許庁審査官・植村貴昭氏)|WizBiz


弁理士 植村 貴昭 氏

弁理士・元特許庁審査官
ポラリス知財コンサルティング 代表
【経歴】
知財経験 13年
特許庁審査官(勤務歴6年)
【学歴】
旭川東高校卒業
東京工業大学機械工学科卒業
東京工業大学原子炉工学研究所卒業(工学修士)
大宮法科大学院 夜間卒業 ※法務博士特定訴訟代理権あり
【講演実績】
テーマは「特許出願」「拒絶対応」「知財部初心者向け」など多数
企業研究会にて年間10回ほど講演
ATUM ASIA(京都)で講演
独立行政法人 科学技術振興機構様で特許出願の講演


【大企業の仕事をしない理由】


私は大企業の仕事を一切しないことに決めております。
万が一、ご依頼をいただいたとしてもお断りさせていただいております。
通常の弁理士は大企業の仕事をその仕事の中心としております。

そして、ベンチャー・中小企業様の仕事は、大企業様の仕事に対して重要度の低いものと認識している方も多いと思います。事実、わたくしも、ポラリス知財コンサルティングを設立する前は、このような気持ちを有しておりました。


そして、そのベンチャー・中小企業様は、大企業に、せっかく部品などの新しいアイディアを持って行っても、そのアイディアの製品をあろうことか、より安く加工を行う他の企業に作らせてしまうという事例を聞きました。


そして、値段が高いと、そのまま契約を切られてしまうという事例や、契約を切られなくても利益が全く出ないような値段での納入を余儀なくされているという現状を聞きました。
そのとき、本当に、知的財産を必要としているのは、ベンチャー・中小企業様なのだと確信したのです。
なぜなら、このような事例では、特許権を有していれば、このような事態を防げたのではないかと思ったのです。


さらに、私は、世の中は感謝をお互いにプレゼントし合って生きているのだと思っております。
残念ながら、大企業との仕事では、弁理士も下請けの一つにすぎず、感謝をいただけることはほとんどなかったのです。


以上のような理由で、私は、今後、ベンチャー・中小企業様が大きな企業と戦っていくために、知的財産の分野から支援をするということを一生涯の目標としようと、硬く決意いたしました。
そのために、ポラリスIPコンサルティングを2013年に設立いたしました。


ちなみに、「ポラリス」という言葉には、なじみがないのではないでしょうか。
ポラリスとは、「北極星」のことです。


自身は大きく輝くことのない星です。ただ、方角を指し示すことだけはできます。
大きな航海をしているような旅人(ベンチャー・中小企業)の進む道を指し示すことができるような存在になりたいと思いまして、この名をつけさせていただきました。

今すぐ無料無料コンサルティングに申し込む|WizBiz

Copyright WizBiZ Inc. 2016